インターネットで評判のいい引っ越し業者を探そう

必要性と具体的なマナー

女性

訪問のタイミングや対象

引っ越しでは、新居の近隣に住む人々に挨拶をすることが必要とされています。地域住民の仲間入りをすることになるのですから、挨拶によって顔や名前を明らかにしておく必要があるのです。また災害発生時などに力を合わせるためにも、お互いに顔と名前とを知っておくことは大事です。引っ越しが完了してから挨拶をする人もいますが、引っ越し前に済ませておく方が合理的と言えます。なぜなら引っ越し当日には、新居の前には業者のトラックが停車することになりますし、周辺には荷物を運び入れる際の物音が響いてしまうからです。しかし引っ越し前に挨拶に行けば、こういったことで迷惑をかける可能性があると、前もって詫びておくことができます。これにより近隣の人々に、悪印象を持たれてしまうリスクが少なくなりますし、むしろ好意を抱いてもらえる可能性が高くなるのです。挨拶の対象は、一般的には両隣の住宅と、向かいや斜向かいの住宅に住む人々とされています。ただし集合住宅の場合は、両隣と上下階の住戸の住人が対象となります。また、日中の明るいうちに挨拶することがベターですが、仕事などで留守となっていることも多いため、昨今では午後6時前後に訪問する人も増えています。そして訪問の際には、菓子折りなどの手土産を持参することがマナーとなっています。とはいえ、高価なものを贈ると相手が恐縮することもあるため、1000円ほどで購入できるものを選ぶことが大事です。