インターネットで評判のいい引っ越し業者を探そう

運搬による注意点

冷蔵庫

事前に準備すべきこと

引っ越しに伴う荷物の運搬ですが、専門業者に依頼すれば全て最適な形で運びだし、新居の設置までしっかり行ってくれます。しかし、大型家電である冷蔵庫は、当日にそのまま運搬してしまうと問題が起こりやすいので、事前に準備しておくべきことがあります。まず冷蔵庫を運搬するとコンセントを外すことになるため、庫内を冷やすことができません。運搬中は様々な角度に動かすことで、中身がバラバラになってしまいます。また、中身があるままでは重量が増えてしまうので、移動しやすいよう中身は事前に使い切るか、クーラーボックスなどに移し替えておきましょう。さらに冷凍庫の霜取りや水受け皿をそのままにしていると、運搬中に水が漏れてしまいます。トラックが濡れることは大したことではないかもしれませんが、一緒に積んだ段ボールやその他の家具まで濡れてしまうので、引っ越し予定日の2日前にはコンセントを抜いて水を抜いてしまうことが大切です。運搬時は冷蔵庫の扉が開いてしまったり、水受け皿などが飛び出すこともあるので、予めテープなどで止めておくと便利です。基本は引っ越し業者がやってくれますが、稀にそういったことをせず、そのまま運んでしまうところもあるため、業者を当てにせず自分でやれることはやっておいた方が良いでしょう。冷蔵庫のコンプレッサーには潤滑油が入っており、引っ越しによる運搬で不自然な位置に回り込んだり、エアーが入ってしまうことがあります。なるべく斜めや横といった方向に動かさず、縦にして移動することが大切です。横に倒しても簡単に故障することはありませんが、設置後すぐにコンセントを差すと不調の原因になりかねないため、設置したら1時間ほど置いてからコンセントを差した方が無難です。